読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orl.wakayama-med 2.0

和歌山県立医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

URIEM II 2012

添え乳 
 どちらが下、患側

チューブ留置、最小年齢 6ヶ月
 
In vivo evidence of free radical generation in the mouse lung after exposure to Pseudomonas aeruginosa bacterium: An ESR spin-trapping investigation
http://informahealthcare.com/doi/abs/10.3109/10715762.2012.667089?prevSearch=authorsfield%253A%2528k.%2Bsato%2529&searchHistoryKey=


Serum antibody response to three non-typeable Haemophilus influenzae outer membrane proteins during acute otitis media and nasopharyngeal colonization in otitis prone and non- otitis prone children
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0264410X10016890

インフルエンザウイルスガイドライン
http://www.japha.jp/doctor/influenza-manual-intro.html

感染症のみならず、炎症性疾患
病原体が検出されなくなっても病態は改善しない。
http://www.kokuseido.co.jp/jc/26209.htm

http://erj.ersjournals.com/content/27/5/1020.long

アロプリノール(酸化ストレス)奏功
 インフルエンザは酸化ストレス病?

動物モデルではなく、人に導入できるのか?

フリーラジカルの迅速キット

抗菌活性のないエリスロマイシンの開発

Therapeutic Effect of Erythromycin on Influenza Virus-induced Lung Injury in Mice
http://ajrccm.atsjournals.org/content/157/3/853.long

ピボキシル基を付加したセフェム薬長期投与では、低血糖や痙攣を惹起する可能性がある。

PCV7
MCとの共培養で、肺炎球菌が抑制されるのかどうか?
 関連株の保菌は少ない。→PCV7接種による
 MLSTを行うなら、2週間、4週間おきにとって、関連株が消失したのかどうか?

MC,HI共培養で、L型formation形成