読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orl.wakayama-med 2.0

和歌山県立医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

ELISA

ELISAの話;
ELISA Starter Accessory Kit
http://www.bethyl.com/product/pdf/E101.pdf

R&Dでは
以下のキット
http://www.funakoshi.co.jp/contents/717

マニュアルらしきもの;
http://www.dojindo.co.jp/technical/beginner/imuno.pdf

遊びで抗原抗体反応をどんどんやっていけばいいとおもうけどなあ。

MLSTによる株の同一性検討;

これからの細菌のゲノムタイピングとしてのMLST 法
New genomic typing method MLST
http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM0607-01.pdf
「clonal populationからnonclonal populationへ」
水平伝搬を捉えることができるのか。

理論的背景;
How clonal are bacteria?
J M Smith, N H Smith, M O'Rourke, and B G Spratt
http://www.pnas.org/content/90/10/4384.abstract



検索すると比較的最初の方にでてくるソフト
CLC bio Bioinformatics Solution
CLC MLST Module
http://www.filgen.jp/Product/BioScience21-software/index11-mlst.htm

標準の解析ツール;
BioNumerics
http://www.applied-maths.com/

肺炎球菌の全世界的なサーベイランス;

Systematic Evaluation of Serotypes Causing Invasive
Pneumococcal Disease among Children Under Five: The
Pneumococcal Global Serotype Project
http://www.plosmedicine.org/article/fetchObject.action?uri=info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pmed.1000348&representation=PDF

無莢膜型肺炎球菌のMLST結果;
http://mbio.asm.org/content/3/3/e00035-12/F1.expansion.html
ST: sequence typeの同定と、株の同一性

同じくUABでのMLST報告;
http://jb.asm.org/content/187/17/6223.full.pdf+html
やはり機能遺伝子は7つ使うべきであろう。




housekeeping gene以外を用いる方法も可能であろう。
Multi-Virulence-Locus Sequence Typing of Listeria monocytogenes
http://aem.asm.org/content/70/2/913.short