orl.wakayama-med 2.0

和歌山県立医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

SQLのバージョンが低いからwin10アップデート不能問題 余波

医局のマシンはうまくいきましたが、外来のマシンが今一つ。

少し時間をかけてやってみたけど、完全にSQLが除去できないような。

下記のサイトを参考にレジストリを見ましたが、項目が多すぎる。時間があるときにしか突っ込めない。

DisplayNameにSQLが含まれている。

f:id:orlwmu:20170704172848p:plain

f:id:orlwmu:20170704173021p:plain

KB2546951

f:id:orlwmu:20170704173121p:plain

F3494AB6

f:id:orlwmu:20170704173231p:plain

DF38C7

f:id:orlwmu:20170704173353p:plain

C965F01C

f:id:orlwmu:20170704173551p:plain

B5153233

f:id:orlwmu:20170704173621p:plain

58721E

f:id:orlwmu:20170704173929p:plain

4A6F

f:id:orlwmu:20170704173959p:plain

4815BD

f:id:orlwmu:20170704174037p:plain

196E

f:id:orlwmu:20170704174121p:plain

blogs.msdn.microsoft.com

いやあ、これはやらないですね。

夏本格化

7月に入り当直のおともに、少し懐かしい曲を。年を感じさせない人です。 

 spotifyはアプリのproxy設定もありますが、今ひとつ大学プロクシとの相性が悪いのか、オンラインになったりオフラインになったりします。なにか調べる手立てがあればいいのですが。

 

院内LANを無線化し、光ファイバーを有線で使うという少しイレギュラーな仕様もそろそろ整理する必要があります。無線ルータを2台混在させるのは、本意ではありません。プロクシ設定をいちいち説明するのも効率的ではありませんが、有線運用が必ずしも医局の仕事効率化を促すわけでもないのかもしれません。

VPNを用いたファイルサーバ運用というのは、時代遅れかもしれませんが、セキュアな接続でのファイルアクセスは一応揃えておくべきツールと考えております。

SQLサービスのバージョンが古いとwindows updateされない

f:id:orlwmu:20170617121050p:plainSQLサービスに関連したC-PAP解析用アプリをアンイストールしたら、ようやくOSが最新となり、winhttpを指定しない状態でも、spotifyが聞けるようになりました。サムネイルなどは表示されない部分もあります。

有線ネットワークのタスクバーアイコンはインターネットが無いという表示になっています。キャッシュがクリアされるまでほっとこうと思いましたが、業者さんに聞くとよく見るのでほっておきますとのこと。

スカイプもネット接続がないと表示されました。

それなりの作業はIEのインターネットオプションからプロキシ情報をとってネット処理をするんでしょうけど、アプリの作業内容によってはコマンドラインからのwinhttpを使用するということかと思います。

デスクトップマシンで有線接続単独なら、いいのですが、ノートやスマホでいちいち2つの設定を切り替えるのはうんざりですね。バッチファイルを作ればいいんでしょうけど、一般化しないので、ネットワークプロファイルの切り替えをすればいいのに、なぜしないのか、10年以上しないのには、深い理由があるのだと思います。私の研修医いや、学生のころからの疑問ではあります。

幸い、wordpressはキャッシュだけの問題で設定をいじる必要はありませんでした。

 

ある程度の状況はつかめたので、winhttpにプロキシ設定を記載してみます。

あ、そういえば、マックはなぜか、httpとhttpsの2つの項目にプロキシを記載する必要があります。

f:id:orlwmu:20170617123842p:plain

つながりました。

スカイプも使えます、便利です。

 

 

有線は早い

直接有線で接続すると、10倍のスピードがでました。そりゃそうですね。

f:id:orlwmu:20170615143538p:plain

windows update絡みのupgradeできない問題は、SQL

サービスをとめると解決したようで、ようやく、安定が手に入りそうです。

 と思ったのもつかの間、紫色のwin10 upgrade画面の途中33%で突然中断されます。

その時のタスクマネージャは32bitのSQLサービスだけが復活した状態でした。なにかおかしい。再起動すると、3つのSQLサービスが走ります。詳細をみたら。。。

f:id:orlwmu:20170615153719p:plain

ENCOREの文字が。。。これは、OSASの解析ソフト、なにかインストールの時にうまく行かなかった記憶があります。

f:id:orlwmu:20170615155514p:plainSQLのバージョンが2005とか2008とかなので、怪しいと思ってアンインストールすると、encoreのデータベースがでてきました。

f:id:orlwmu:20170615155806p:plain

恐る恐る取り除くと、最後にサービスとSDKで成功とでました。これでSQL2008はアンイストールできています。

 

f:id:orlwmu:20170615164214p:plain

研究検討会A;感染免疫ー2

杉田先生:

ナノゲルベースの経鼻 PspAワクチンは、肺炎球菌による侵襲性疾患および鼻腔内コロニー形成を予防する、という論文について、抄読会を行いました。

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

平岡

FiberToThe医局、抗PD-1抗体

医局に光ファイバーが接続されました。コスパを考えてずっとADSL回線で代替ネット接続を運用していたのですが、電話回線の更新とともに、10年来のインフラ整備ができました。さらなる業務改善になればよいと考えております。

 

BNR スピードテスト 回線速度/通信速度 測定
http://www.musen-lan.com/speed/

速度は、下り30.94MBps、上り9.58Mbpsでした。快適です。

 

オプジーボの頭頸部癌患者さんへの適応で重要となる、PD-L1の発現を調べる検査も保険収載されるようです。精度の高い治療を。

www.agilent.co.jp

 

windows updateとプロクシ

何年来もあまりスッキリしないでいるのが、大学などのプロクシ環境下でのwindows updateがうまくいかない問題です。きっと他大学も同じような設定が多いと思われますが、windowsでプロクシを設定するのは、”インターネットオプション”などのGUIとは別に、CUIでも行わねばならないらしいのです。

まずは今のwindowsのverを確認します。

コマンドプロンプトでwinverを打つと、別窓で、ver10.0, ビルド10240と出ました。

Microsoft Windows 10 - Wikipedia

thresholdは2015年のバージョン。これは、なかなか恥ずかしい状態でした。マイナーなupdateは今日もやっていましたが、機能の更新のようなメジャーアップデートはずっとすり抜けてきたということでしょう。いつまでも放置していい状態ではありません。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2894304

 「「ユーザーの操作が発生しない自動更新」にて Windows Update を実行する場合: Internet Explorer のプロキシサーバー設定ではなく、WinHTTP のプロキシ設定が参照されます。

winhttpは数年前に設定したはずです。設定をコマンドプロンプトでみても、反映されています。なぜかコアなバージョンアップだけは適応されていません。

まずは、”netsh winhttp reset proxy”をして、
ADSL配下に繋ぎ変え、最新状態にすれば、当座の危機はさります。しかし根本的な解決になっていません。第一原因を特定できていないとおもいます。

f:id:orlwmu:20170507211930p:plain

トラブルシューティングツールというのが、公開されているので試すと、もしかしたらどこかでファイルが破損して、アップデートの一部が停滞したままだったのかも。。。そんな簡単なわけは無いだろうと思いながら、一縷の望みでもう一度win10アップグレードアシスタントを動かしてみました。

なんとなく以前の記憶が戻ってきましたが、たしか更新作業の何処かで %という進捗が止まってしまうんだったような。

Spotifyがプロクシ配下では使えない問題もあります。